双極性障害(躁うつ病)

双極性障害とは?

双極性障害とは、気分の高まった「躁(そう)」状態(いわゆるハイテンションな状態)と、気分が落ち込んだ「鬱(うつ)」状態を繰り返す障害です。躁うつ病とも呼ばれます。

双極性障害の原因

はっきりとした原因は未だ解明されていません。脳の機能異常が関わっていることが指摘されています。
人口100人あたり1人の割合で起こると言われており、決して珍しい障害ではありません。

双極性障害の症状

躁状態のとき

躁状態
  • あたり構わず人に話しかける
  • 睡眠時間が不足しているのに元気に活動する
  • 人の忠告、意見に耳を貸さない
  • 次々とアイデアを思いつく(ただそれをやり遂げることは難しい)
  • 根拠のない自信を持ち、全能感がある
  • ギャンブルに異常なほどお金をつぎ込む
  • 必要のない高額商品をローンを組んで購入する
  • 相手を選ばず性的関係を持ってしまう
  • 上司が相手でも感情的になって言い合う(後先考えず辞めてしまうことも)

うつ状態のとき

うつ状態
  • 憂鬱な気分
  • 不安感
  • 焦燥感
  • 消えてなくなりたい、遠くへ行きたいとぼんやり考える
  • 自責の念が強すぎる
  • 喜びを感じられない
  • 以前は好きだったものに興味が湧かない
  • 会話、文字が頭に入ってこない
  • 意欲の低下
  • 睡眠障害
  • 食欲、性欲の低下
  • 全身倦怠感
  • 身体が重い

双極性障害の診断

双極性障害は躁状態ではなく、うつ状態で発症することもあるのでうつ病との鑑別が重要になってきます。
またADHDによる多動、衝動性などの症状が躁状態と勘違いされることがあります。また他の精神的疾患と鑑別も注意して診断を行っていきます。

双極性障害の治療法、処方薬

 薬物療法

脳の機能異常を軽減するためのお薬、気分安定剤、抗精神病薬などを使用して、気分の波を小さくしていきます。
双極性障害の場合、抗うつ薬の使用には症状の動揺などリスクを伴うことが指摘されており、うつ状態の改善が難しい場合など限定されたケースでのみ使用されます。

精神療法

薬物療法と並行して、精神療法にも取り組みます。ご自身のこれまでの人生のことを改めて振り返り、理解し、受け入れた上で医師と一緒に対処法を考えていきます。
再発防止のためにも、精神療法は欠かせないものです。

双極性障害Q&A

双極性障害とうつ病の違いは何ですか?

双極性障害はハイテンションで活動的な躁状態と無気力で憂うつなうつ状態を繰り返す病気です。うつ病と双極性障害は治療法も異なるので鑑別が重要になってきます。 誰にでも気分の波はありますが、その気分の波や行動によって生活に支障が出る場合は双極性障害を考えた方が良いかもしれません。

双極性障害は回復しても再発することがあるのでしょうか?

再発することはあります。双極性障害は治療をしないと、躁状態とうつ状態を繰り返す慢性疾患と言われています。また症状が再発するたびに治りにくくなるとも言われており、気分の波をコントロールする薬を使用して症状の再発を予防しながら治療を継続することが重要になってきます。

ネット上の双極性障害のセルフチェックをして当てはまることが多いのですがクリニックを受診した方がいいのでしょうか?

セルフチェックだけでは診断は出来ないですが、当てはまることが多くお困りであれば受診をされることをお勧めします。

双極性障害の人との接し方

双極性障害(躁うつ病)のうつ状態は、うつ病と違いの大差がなく、ほとんどのケースはうつ状態のときにクリニックに受診するため、途中から診断名が変わることも多くあります。
きちんとした双極性障害(躁うつ病)と診断がつくまで時間がかかる場合があります。
躁とうつの波を繰り返すことは、本人にとってはもちろん、周りの人にも大変な病気です。 双極性障害(躁うつ病)の治療ではその気分の波を小さくすることが重要となりますので、躁状態と思われる症状があった時に注意して、悩んだり気になる症状がある時かかりつけ医に診てもらい、正確な診断と治療に早くつなげることが重要です。

双極性障害の人との接し方(躁状態の場合)

感情を逆なでしない

相手がいつもと違う躁状態のときは、否定したり、反論したりしないでください。 ただし、行き過ぎた行動には、怒らず感情的にならず注意しましょう。

距離を置く

同居している家族でない場合は、深夜には電話に出ない、メールの返信数を決めるなど自分の中でお付き合いの線引きをしましょう。

しっかりと線引きをする

早朝や深夜の呼び出しや、訪問はしないでほしいなどはっきりと相手に伝える。 断ってもやめてもらえない場合は、連絡を取らない、会わないといった線引きをする。

双極性障害の人との接し方(うつ状態の場合)

うつという病気を理解する

うつ状態の人の憂うつな気分や不安感は、病気の症状として発症しています。叱咤激励はせず、おだやかな気持ちで接してあげましょう。

ペースを崩さない

うつ状態の人と一緒にうつになってしまっては元も子もありません。自分自身がうつにならないように、出来るだけの理解を示し、気分転換やストレス発散をしましょう。

休養をとるように進める

うつ状態の人に、気分転換で外出を無理に進めないようにしましょう。
ゆっくりと穏やかな気持ちで休んでもらえる環境を整えてあげましょう。

一番上に戻る
TEL.06-6923-8190TEL.06-6923-8190WEB予約WEB予約 WEB予約